島津酉二良さんの意思を受け継ぐ 印南・白浜・串本への旅 バスツアーのご案内 🚌💨💨2018/04/16

受け継ぐ会関西支部恒例の受け継ぎの旅。今年は串本へ!

お申込みお待ちしております(^^)/

 

 

      今年は白浜より南の串本へ!

 

 吉野熊野国立公園の荒船海岸を望む国民宿舎あらふねリゾートに宿泊し、

秘湯湯の谷温泉で寛ぎます。

ホテルでは演劇『林檎の想い』作者で島津さんを慰霊と謝罪の訪中に導いた水本雄三さんを講師にお迎えし、島津酉二良さんから受け継ぐ平和への思いをテーマとして講演会を開催します。

 

 2日目は串本の大自然に親しみ、紀州の文化と日米・日土の交流の歴史を学ぶ充実の2日間です!

 

 ~ シリーズ 中帰連から受け継ぐこと ~ 

 中帰連、この人「島津酉二良さんの『林檎の想い』から受け継ぐこと」

 

  『元関東軍憲兵 故・島津酉二郎さんについて語る』

 

           懺悔から改悛へ、改悛から慈愛へ 
 
          そして平和運動の生涯
 

 講師:演劇『林檎の想い』作者で島津さんを認罪の訪中に

 

                                      導いた水本雄三さん

 

 

■水本雄三さん

1953年和歌山県田辺市中辺路滝尻王子で生まれる。

1978年より高校教員となる。

1992年12月8日、田辺市で開催された平和集会で初めて島津酉二良さんに出会う。

1995年8月6日、戦後・被爆50周年田辺西牟婁平和祭典で島津酉二良さんの戦争体験をモチーフにした『語り劇・林檎の想い』を上演。

1997年夏、島津酉二良さんと中国へ慰霊と検証の旅に出かける。翌年に旅を記録した『高校民研ブックレット・林檎の想い』を和歌山県高校教育研究所より出版。

2005年2月22日、島津酉二良さんご逝去、85歳。弔辞を献読。

2010年1月、和歌山県立田辺工業高等学校を退職、同年3月白浜町長に就任。

2012年病気のため白浜町長を辞任。

2013年急性白血病を罹患。

2018年6年余りの闘病生活を続け現在に至る。串本町在住。

 

 故島津酉ニ良さん(元中帰連会員)の意思を受け継ぐ

 

 印南・白浜・串本への旅 バスツアーのご案内 🚌💨💨

 

    2018年 6月30日(土)~7月1日(日)1泊2日

 

和歌山県日高郡印南町切目の宗教法人弘能庵・奥ノ院に「中華人民共和国戦争犠牲者之慰霊塔」が建てられています。この慰霊塔は故島津酉ニ良さん(元中帰連会員)が侵略戦争に参加した反省のうえに立ち、認罪と慰霊・日中友好・反戦平和を願いのしるしとして1980年に建立されました。

 

 私たちは毎年、この慰霊塔の前に集い、中国人戦争犠牲者に慰霊と追悼の祈りを捧げると共に島津さんの意志を受け継ぐ思いを新たにしています。

いつも心を中国に向けて、真摯に反戦平和活動を実践されていた島津さんの想いを分かち合い、串本で共に語り合いましょう。是非、ご参加下さい。

 

■募集人員 : 21名(小型バス利用)

 

■参加費: 小型バス・4名の相部屋利用

 

     12名以上参加の場合:34,500円

 

     18名以上参加の場合:29,500円

 

一人部屋追加代金:1,300

 

二人部屋追加代金: 700

 

※講演会のみ(500円)懇親会のみ(5,400円)参加も可能です。

※現地合流、途中離団も可能です。事務局までご相談下さい。

 

■申し込み締切日 :6月10日(日)   

 

■企画 :撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部

 

■旅行企画・実施:合同会社 HAPPY-SCREAMING PROJECT / 39トラベル

 

■お問い合わせ・お申し込み : 撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部

 〒 533-8799 大阪市東淀川郵便局私書箱17号

& 📠:06-6324-2439 ✉: uketugu@kansai.email.ne.jp

 

【 旅 程 】 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

6月30日(土)

08:30 大阪・梅田を出発

11:00 切目にて「中国人戦争犠牲者之慰霊塔」にて追悼の祈りと

       献花 受け継ぐ宣言

12:30 白浜にて昼食 島津酉二良さんの墓前へお参り 三段壁観光

14:00 白浜 → 串本へ移動

15:30 串本ホテル着 

16:00~18:00 水本雄三さん講演会 

      演劇『林檎の想い』と中国慰霊の旅の紹介映像も上映します。

18:15~懇親会 🍻故島津さんの奥様、島津笹恵さんもお誘いしています。

 

7月1日(日)

08:45 ホテル発 大島トルコ記念館と日米修交記念館を見学

11:30 潮岬展望休憩所にて昼食

       料理上手な山崎屋旅館の女将さん手作りのお弁当 🍱

                          http://yamasakiya.co/index.php

12:15 潮岬望楼の芝を観光 無量寺応挙芦雪館で障壁画鑑賞

14:30 串本発 帰りに🐟とれとれ市場で休憩&買い物など

18:30 大阪・梅田帰着予定

 

◎参加費に含まれるもの

■ 貸切バス代 ■ 高速・有料道路代

■ 宿泊代:国民宿舎あらふねリゾート(1泊2食付き 夕食:会席料理)

■ 見学先入館料 ■ 昼食代(2回)

■ グループ費(講演会費用・献花代・おやつ代等) 

-----------------------------------------------------------------------------

☆旅行取消料

お客様がご都合により旅行を取りやめにされる場合は、参加料金に対して

下記の取り消し料がかかりますのでご了承願います。 

・6月16日~6月23日:20%  ・6月24日~6月28日:30%

・6月29日:50% ・当日: 無連絡不参加 及び 旅行開始後:100%

-----------------------------------------------------------------------------

 

『島津酉二良さんの意志を受け継ぎます』

 

 島津酉二良さんは、1921年和歌山県東牟婁郡本宮町に生まれました。幼少の頃親が売った田畑を買い戻そうと、21歳で旅順重砲隊に入隊。その後、憲兵学校に入校、関東軍承徳憲兵隊に配属されました。

       

中国人老農夫の殺害を皮切りに、新婚1週間の夫婦をスパイ容疑で惨殺、共産党幹部絞殺など、残虐な行為を繰り返しました。敗戦後、ソ連軍に抑留、1950年に中国の撫順戦犯管理所に移送され、戦犯として6年間の生活を送りました。

撫順戦犯管理所では、「人間に還れ」という教育が行われ、急性中耳炎にかかったとき手厚い看護を受け、身内を日本人に殺されたという看護婦さんが買ってきてくれたりんごの味が鬼から人間になるきっかけになりました。

 

1956年に帰国、1980年に和歌山県日高郡印南町切目の弘龍庵・奥ノ院に[中華人民共和国戦争犠牲者之慰霊塔]を建立。以後今日まで、侵略戦争に参加した反省のうえに立って侵略・加害体験の語り部として、学校や平和のための戦争展などで活動を続けられています。

 

「真理を伝えることを生きがいにしていきます。そのことが二度と戦争を繰り返さない力になるのですから」という島津さんのメッセージを受け継ぎ、大きく広めていかなければなりません。戦争とは、『人間が人間でなくなること』です。一人一人が自分に関わる問題で自分なりに運動を進めていくこと。多くの仲間と団結して〝平和〟を築いていきます。

 

2003年4月26日

撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部

 

🍎 島津さんが撫順戦犯管理所に収容されていた当時、職員であった看護師(関慧賢さん)から手篤い看護を受け、鬼から人に戻るきっかけを与えられました。島津さんのこの体験は語り劇『林檎の想い』として1995年、和歌山県田辺西牟婁平和祭典で高校生により上演され、参加者に強い感銘を与えました。

 

■島津酉二良さん略歴(『林檎の想い』ブックレットより)  ========================================

1921大正10.6.15.  和歌山県東牟婁郡本宮町に出生。

1935(昭和10.3.14歳〉和歌山県西牟婁郡白浜町園田温泉掘削合社に

                                          就職。

1942(昭和17.4.21歳〉中国旅順重砲隊に召集される。

       12.   新京(現長春)の憲兵教習所(?)に人所。

1943(昭和186.22歳〉憲兵試験に合格。

            北支作戦長島遊撃隊に配属。

            関東車長春第二特別警備隊第二大隊憲兵伍長。

            河北省密雲県兵馬営(占北口)で老農夫殺害。

1944(昭和19.6.23歳〉下士官として松吉部隊に派遣。

1945(昭和20.6.24歳〉河北省尊化県南台村。

            関東軍第881部隊山野中隊へ配属。

            散髪屋(夫)教師(妻)の夫婦を殺害。

            中国共産党幹部殺害。

       8.   敗戦。

       10.   新京でソ辻車により逮捕されイルクーツクの捕虜

                                   収容所に送られる。

1950(昭和25. 〈29歳〉撫順戦犯管理所に収容。

1954(昭和29. 〈33歳〉急性中耳炎に罹る。

1956(昭和31.6,〈35歳〉印章人民共和国軍事法廷にて起訴免除となり

                                           釈放。

       7.1.      帰国(舞鶴)

       8.1.  和歌山県西牟婁郡白浜町役場に就職。

1976(昭和51.3.55歳〉白浜町役場を定年退職。

1977(昭和52.6.56歳〉内蔵破裂で入院。

1980(昭和55.8.59歳〉和歌山県日高郡印南町切目の宗教法人弘能

                                        庵・奥ノ院に「中華人民共和国戦争犠牲者之

                                        慰霊塔」を建立。

1980(昭和55)以降、侵略戦争に参加した反省のうえに立って侵略・加害

                        体験の語り部活動を続ける。

2005222日 逝去

 

      ξ  

 ◯◯◯  

  ◯◯    ~ 反戦平和と日中友好 ~  

       

○●●● 〇〇〇 ○○●○○ 〇 ○●●○ 〇〇 ○○○●○●○●

● ○ 中国帰還者連絡会の事業と精神を受け継ぐ

           撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部事務局

533-8799 大阪市東淀川郵便局私書箱17号

○ ○ 郵便振替:00980-3-63256

       & 📠:06-6324-2439

       uketugu@kansai.email.ne.jp

◯ ●   Facebook撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部

○●●● 〇〇〇 ○○●○○ 〇 ○●●○ 〇〇 ○○○●○●○●


星野富弘美術館と軽井沢の温泉の旅 🚎💨2017/04/24

手配させて頂いております、関西ジョイフルチャーチ様の素敵な企画
まだ残席があり、どなたでもご参加頂けます。一度は訪ねてみたい富弘美術館へこの
機会にお出かけになってみませんか。(^^)/
 
急なご案内で申し訳ございませんが、申込みは 4月26日(水) までにお願いします。
 
  🍂   🍂   🍂   🍂   🍂
 
 関西ジョイフルチャーチ 髙木裕樹牧師と訪ねる
 
        星野富弘美術館と軽井沢の温泉の旅
 
          〜いのちの詩画にふれ、温泉でぬくもり、
                               宣教師のふるさとへ ご一緒に〜
 
■期間 : 2017年 5月18日(木)~20日(土)
     🚌 中型サロンバスで行く 2泊3日の旅
 
                  5月の爽やかな群馬へ。是非、ご参加下さいませ。
 
【 旅 程 】
① 5/18(木)
大阪・梅田 8:00出発 → 途中SAにて自由昼食 → ~諏訪・松本・安曇野のいずれか散策~ → ♨万座温泉16:30頃着予定
☆♨万座温泉泊 ・夕食・朝食付き
 
② 5/19(金)
旅館 9:00出発 ~ 自由昼食  → 13:30~15:00 富弘美術館をゆっくり鑑賞  → 軽井沢 17:00頃着予定
☆軽井沢泊 ・夕食(フレンチのコース料理)・朝食付き
 
③ 5/20(土)
ホテル 8:45出発 ~ 軽井沢散策 ~ 自由昼食 ~ → 大阪・梅田18:00頃着予定
* 現地事情・天候により旅程に変更が生ずる場合がございます。 予めご了承ください。
 
■富弘美術館
水彩の詩画を通して生命の尊さ、やさしさを語りつづける星野さんの作品を一堂に公開する美術館が、星野さんのふるさと勢多東村(現みどり市東町)に誕生しました。
四季折々の野の草花やシャクナゲの群生、紅キリシマツツジの大木など、青空と緑深い詩情豊かな山々に囲まれた東村。
 
不慮の事故での9年間の入院生活から久しぶりにふるさとに帰った星野さんを迎えたのは、子どもの頃から慣れ親しんだそんな東村の自然でした。でもそれは、初めて見るような美しさだったといいます。 星野さんを見守り、育んだ、やさしく厳しい東村の自然。
 
東村のふるさと創生事業により1991年春に開館した富弘美術館は、そんな美しい自然の中にとけこむように建っています。
一歩館内に入ると、星野さんの珠玉の作品がいつもやさしく迎え入れてくれます。星野さんの作品は生きる勇気や喜びを、なにげない毎日のなかから、自然に教えてくれているようです。(HPより)
 
------------------------------------------------------------------------------------
予定宿泊ホテル:
1泊目:♨万座温泉 日進館 標高1800m、天空に一番近い硫黄濃度日本一の癒しの湯
2泊目:軽井沢ホテル1130 標高1130mのロケーションで自然と共存したリゾート
           ホテル                           🍴夕食はフレンチのコース料理です。
------------------------------------------------------------------------------------------
■旅行代金: ※概算 63,000円(4名1室)  
        ※21名以下の場合は調整追加代金がかかります。
      ※宿の空き状況により、2人部屋、1人部屋の利用も可能です。
                       2人部屋追加代金: 3,240円
                       1人部屋追加代金:10,200円
 
■募集人員:21名様限定(最少催行人数:16名)
 
■最終申込締切日 : 4月26日(木)
 
■企画 :関西ジョイフルチャーチ
■お問い合わせ・お申込先 :39トラベル
 
■旅行企画・実施:39トラベル 担当:野津 加代子 
電話 & ファックス:06-6324-2439
✉:39travel☆office.email.ne.jp ☆を@に打ち変えて下さい。
 
◎旅行費用に含まれるもの
■ バスチャーター代一式(大阪~群馬)すべて専用バスにて移動します。
■ 宿泊代 ■ 食事(旅程表に明記された食事 朝食2回:夕食2回)
■ 富弘美術館入館料
■ 普通傷害保険
■ グループ費
 
◎旅行費用に含まれないもの
■ 個人的用途にかかる費用
 
【ご注意】
☆ 旅行取消料 : 都合により旅行を取りやめにされる場合には以下の取消料がかかりますのでご了承願います。
・4月27日まで:無料  ・4月28日~5月4日:10%  ・5月5日~5月11日:20%
・5月12日~5月16日:30%  ・5月17日:50%
・出発当日:全額  ・旅行開始後・無連絡不参加:全額
 
         Thank you ! \(^o^)/
 

東海道五十三次 街道歩き 🗻 薩埵峠(静岡)2015/12/12



東海道五十三次:京都三条大橋からお江戸日本橋まで3年はかかるかな~、、を歩く全23回の第18回。40名様。今回は静岡東部を歩く1泊2日。1日目:約13キロ、2日目が18キロ弱あり(^^;) 2日間とも☀☀で良かった!薩埵峠からきれいな富士山が見えるか!?雲がかかってたけど少しづつ姿が見えて皆さん、歓声をあげてました。デジカメ忘れたのでこれはネット百貨事典の画像だけど、ほんまに海も空も☂上がりで空気が澄んでてクリアー、絶景でした!お宿は三保の松原にある三保園ホテル。http://www.mihoen.jp/ 昭和の雰囲気にどっぷりつかりつつ、ヨーロピアンでもあり?トワイライトゾーンにいるみたいだったけど、源泉かけ流しの♨温泉はよかった (~_~) 静岡はお茶にみかんに、🌸桜エビ、駿河湾の恵みで🐟美味しいものいろいろありました。

ウォーキングツアーの添乗はたぶん今年はこれが最後。お客様は多かったけど、集合の度に皆さんが先に整列!して下さっててすぐに人数確認でき感謝でした。

来年も歩きましょ🗻

白浜へ 受け継ぎの旅2015/10/03

今日は受け継ぐ会関西支部の特別行事、白浜へ故島津酉二良さん(中国帰還者連絡会)の反戦平和と日中友好の意志を受け継ぐ旅。毎年行ってる白浜ですが、今日は本当に秋晴れの快晴で海が最高にきれいでした!今回は新メンバーを迎えて7名の参加で受け継ぐ思いを新たにしました。上村さん、宮本さん、レンタカーの運転、お疲れ様でした。泊まりのメンバーは今頃、♨白浜温泉で盛り上がっているでしょう~。(~_~)





  地上の楽園のような白浜の快晴と新たな出会い。祝福された一日でした\(^o^)/


 今年はいろいろなお花を慰霊塔と島津さんのお墓にお供えしました。🌸🌸🌸

田中家のおチュンたち2015/07/12




ね~ちゃん夫婦にあげた
おチュンたち。

すっかりなじんじゃって💖

 仲がいいわね💖

♨舌切り雀のお宿「磯部ガーデン」2015/06/20

 

先月、今月と中山道ウォークの添乗の際に群馬県磯部温泉の舌切り雀のお宿「磯部ガーデン」に宿泊しました。ず~っと、泊まってみたかったホテルで(^^)v

 

売店「つづら」で売っていた雀を記念に1匹連れて帰り、テーブルの上に置いてたら、どの角度からみてもあまりに愛らしく🐧、また泊まる機会があったら仲間を増やしてやろうと思っていたところ、今月も行ったので、わ~い、にゃんと8匹も買ってしまった。箸置きじゃありません。どこかで買えるかと思いきや、お宿オリジナルの佐賀の有田焼です。じゃあ、お宿で買わないと!という事で\(◎o◎)/雑貨好きな友だちにあげるのでいずれ残りは3匹くらいになるでせう。

毎晩、ロビーで上映される伝説舌切雀物語のロボットと映像のショーも何回観ても笑えます。ほのぼのと愉しく寛げる磯部ガーデン、大好きです。(~_~)

 

 

 雀はやっぱり茶色じゃないの~、とこだわらず、青雀は幸福の青い鳥って感じもあり 

 今回仲間に入れてみました 🐧🐧

 

 

       🐧舌切り雀のお宿「磯部ガーデン」http://www.isobesuzume.co.jp/

              群馬県軽井沢東にあります。磯部温泉も良かった~ 

ハウステンボス 🌸ガーデニング世界大会 ☆光の王国と紅葉の雲仙♨2014/11/03

秋の長崎を楽しむ3日間、秋晴れの快晴\(^o^)/で最高のお天気でした。10名様。


ホテルヨーロッパでは館内で生け花展があり、滞在中、ダイナミックなアレンジの鑑賞も楽しめました。この作品は草月流。色や素材の組み合わせが美しくしばし見とれました。(*^_^*)

実は初めて来ました、ハウステンボス !(^^)! ホテルヨーロッパのスタッフのサービスは感心しました。どの人からも感じるホスピタリティ、、、感動~ (~_~) また泊まりたいホテル。それからホテルメイドのスイーツ、味わってみたのはロールケーキだったんだけど、、、「美味」でした。本当に。これも忘れられない感動の味でした。


🌸ガーデニング世界大会会場では個性的な作品が楽しめました。このアニマルオブジェたちも作品の一部。(=^・^=)

                夜は☆光の王国☆1,000万球超のイルミネーション

       🌸ハウステンボス リゾート http://www.huistenbosch.co.jp/about/


2日目は外海地区を観光。先週、テレビで観たド・ロ神父さま。こんな方がおられたのか、いつか行ってみたいな~、と思っていたら今回の行程に入ってた!\(^o^)/!
ド・ロ神父さまが呼んで下さったのね。。今も地域で「ドロさま」と呼ばれ敬愛されています。没後100年記念イベントなどがあるようです。今回、島原も訪ね、隠れキリシタンの信仰の凄さを改めて知りました。天草や五島列島も行ってみたい!!

✞ ド・ロ神父(1840-1914):深い人類愛の精神とすばらしいフロンティア精神をもって、外海地方の産業・社会福祉・土木・建築・医療・教育文化などに奉仕したフランス人宣教師。

♨雲仙温泉でのんびりした3日目は仁田峠へ。ロープウェーで妙見岳へ登るとちょうど紅葉が見頃でした!なんと!桜島の黒い噴煙が見えました!めったにないそうで、それくらいこの日も雲ひとつないどこまでも晴れ渡った快晴でした\(^o^)/

♨雲仙宮崎旅館 http://www.miyazaki-ryokan.co.jp/
旅館の庭から散歩がてら地獄巡り。夜も朝も硫黄温泉で癒されました~(~_~)

2014 森のイスキア 交流の旅のアルバム2014/10/27

初女先生の93回目のお誕生日を皆さんと祝う♪第8回 森のイスキア 交流の旅。
今回も期待通りに、素敵な皆さんとお出会いできて、素晴らしい2日間の旅になりました。\(^o^)/ http://hugocafe.asablo.jp/blog/2014/08/16/7415202



今回のランチは木村さんの無農薬リンゴのスープが味わえる「レストラン山崎」
一口目に。。。!(^^)! 美味しい~。メインの豚肉も美味しかった~!デザートも、、、全部、全部美味しかったで~す。個室を用意して下さっていて、和やかな雰囲気で初対面の皆さん同士、簡単に自己紹介もしていただきました。


          山崎シェフがお見送りもして下さいました~(^^)v 感激~


イスキアに着いて、初女先生とスタッフの皆さんに挨拶して、茶菓をいただいた後は、
散策したり、順番にかけ流しの♨温泉に入ったり、おしゃべりしたり、、、(~_~)


晩ごはん。新鮮なタコのお刺身、おいしかったです。浅漬けの漬物や定番の和え物などそれぞれ歯応えも味も、、本当に全部有難く味わいました。梅酒、ビールもいただきました。

今年は14人用のケーキを準備しました。お祝いの後は切り分けてケーキタイムです💛


2日目の早朝。朝も温泉入って2階に戻ると、参加者にヨガセラピストがおられ、皆さん仲良く、朝ヨガレッスンしてました。イイね!


 朝ごはん。さつまいもの煮物が新鮮でした!茄子の味噌汁は私もよく作ります。
梅干しのきれいな色と何ともいえない味に感動!の方も。(*^_^*)


朝食後はイスキアの奥の木道をのんびり散歩。リスに会いました。雨が止んで良かった


初女先生、今回もおむすび講習して下さいました。お米が息ができるように。。。集中しておられます。


 お昼ごはんは自分で握ったおむすび。今年は三枝ちゃんと1個交換してみました。


 
青森空港へ向かうバスの中から。岩木山がずっ~と見送ってくれてるようでした。。。
今回も初女先生、スタッフの皆さん、まだまだ多忙でお疲れの中、最初からお別れまで精一杯、心を尽くしてくださいました。言葉は少なくても初女先生の間近にいるだけで
皆さん、先生から多くを感じられたようです。初対面なのに、イスキアに集う皆さんは毎回以前から知っているように互いに打ち解けて深い交わりができました。感謝!

三徳山投入堂と♨三朝温泉2014/09/22

国宝・三徳山投入堂と開湯850年の三朝温泉。
19名様。

かれこれ、もう20年近く前に、親と3人で三朝温泉に泊まりで出かけました。近くに有名な投入堂があるので、今はリハビリ病院に入院中のお父ちゃんと2人でお参りに行きました。何も知らずに進むうち、えええ~、すごい登り~、ローブや鎖につかまる難所もあり、びっくりしたけど、その甲斐あって観た投入堂の眺めは神聖だった。。。と記憶してます。

もう一度行けたらなぁ、と思っていたら、今回お伴する事に。(~_~)。。最近このパターンかな~。有難いです。

しかし!三徳山三佛寺にある投入堂へは修験道を登る厳しい参拝登山です。滑落死亡事故も報告されている神聖な場所。今までの添乗で一番気を引き締めたコースでした。身を清めて行こう!と朝風呂に入って出かけました。東京から夜行バスで大阪の集合場所まで来て参加された方もあり、お客様は三徳山の厳しさも理解されていて、健脚で無事にお参りと下山ができました。途中、ローブや鎖のない岩を登るところがあり、本当に怖かった~!
降りるに降りれず、、、下を見ないで何とか、岩のでっぱりにつかまって。。すっごい怖かった。ウォーキングリーダーさんと2人、しみじみ安堵の帰り道でした。
 
秋晴れの素晴らしい快晴で\(^o^)/ お天気にも助けられ、どなたもケガや事故がなく本当に有難い一日でした。あ、三朝温泉のラジウム温泉もやわらかいお湯でとても良かったです。やれやれ~