「万人坑を知る旅⑦~長江流域の万人坑~」報告学習会を開催しました2017/03/26




3/26 万人坑を知る旅⑦~長江流域の万人坑~ 報告学習会を無事に開催しました。またまた集会の多い週末でどの程度の参加があるか?と思っていましたが、このマイナーなテーマの集会に22名が次々と入室され、これまで以上に参加のお一人お一人の知りたい、聴きたい姿勢を感じました。とても良い集会になりました。教会の姉妹や四国からのご参加、731部隊の取材をされてきたジャーナリストの西里扶甬子さんも参加され、集会後の交流会にも加わって下さいました。解説の青木さんは前日は東京で講演会、その足で来阪下さいました。今年はスタートに戻り「遼寧省の万人坑Ⅱ」李老師の著作に記載されているすべての万人坑を参観する完全版を目指して企画中です!


毎年、この報告学習会が終わると、旅が完結したような気持ちになり一段落です。ご参加の皆さん、ありがとうございました。<(_ _)>

2016 万人坑を知る旅⑦ 報告学習会2017/02/24





  チラシできました!

昨年催行した「万人坑を知る旅⑦ ~長江流域の万人坑~」の報告学習会を開催します。

今年も青木茂さんと報告させて頂きます。

是非、ご参加下さいませ。

   <(_ _)> 

-----------------------------------------------------------

平和学習の旅 中国 2016 「万人坑を知る旅⑦ ~長江流域の万人坑~」報告学習会2017/02/16



        ★淮南炭鉱の万人坑(大通万人坑教育館)安徽省 淮南市

 

昨年、催行した「万人坑を知る旅⑦ ~長江流域の万人坑~」の報告学習会を開催します。今年も青木茂さんと報告させて頂きます。<(_ _)> 

是非、ご参加下さいませ。

 ----------------------------------------------------------------------------

 

 平和学習の旅 中国 2016

 

「万人坑を知る旅⑦~長江流域の万人坑~」報告学習会

   

  ― 万人坑が告発する日本の中国侵略の実態

  

■日時:2017年 3月26日(日)
     13:30~16:30 (開場:13:15)
 

■場所:大阪市立総合生涯学習センター 第4研修室

    〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階

             06-6345-5000

   【地下鉄】御堂筋線=梅田  四つ橋線=西梅田  谷町線=東梅田

      【JR】 大阪駅  東西線=北新地駅

      【私鉄】 阪神電車=梅田  阪急電車=梅田

 

■報告:平和学習の旅 中国 2016

    「万人坑を知る旅 ⑦ ~ 長江流域の万人坑 ~ 」

     野津 加代子(平和学習の旅「万人坑を知る旅」主催)

 

■解説:「日本は中国で何をしたのか? 万人抗から見えるもの」

     青木 茂(平和を考え行動する会)

著書:『日本の中国侵略の現場を歩く 撫順・南京・ソ満国境の旅』花伝社

『万人坑を訪ねる 満州国の万人坑と中国人強制連行』(緑風出版)

『偽満州国に日本侵略の跡を訪ねる』(日本僑報社)

『日本軍兵士・近藤一 忘れえぬ戦争を生きる』(風媒社)

 

 ■参加資料代:800円

 ■主催:HAPPY-SCREAMING PROJECT LLC

 ■問い合わせ先: happy.screaming.project@gmail.com

         ☎ & 📠 : 06-6324-2439 

 ----------------------------------------------------------------------------

 万人坑というのは、日本が中国を侵略したかつての戦争中に鉱山や工事現場などで苛酷な労働を強制され、過労・衰弱・病気・ケガ・虐待などで死亡した中国人労工をまとめて捨てた「ヒト捨て場」のことです。また、平頂山事件のような日本軍が行なった集団虐殺により作られた人捨て場や、捕虜(労工)収容所や日本軍要塞の周辺に残された人捨て場も万人坑と呼ばれています。

 

 私たちは、2009年から、中国東北地方や華北地方や中国最南端の海南島を訪ね、中国人犠牲者の膨大な遺骨が横たわる万人坑を何カ所も確認し、犠牲者追悼と学習を重ねてきました。そして、万人坑を現地で確認する中で、中国国内での強制連行・強制労働という侵略犯罪が万人坑の背景として存在していることを知りました。花岡事件など日本(内地)への中国人強制連行はある程度は知られていますが、この中国国内における強制連行の実態は日本ではほとんど知られていないのが現実です。

 

 さて、中国大陸の華中・華東地方を横断する長江は、幾千年の永い歴史を通して中華民族に限りない豊かさを与えてきました。その長江流域にも、これまで私たちが訪ねてきた各地と同様に、鉱山での強制労働による万人坑が残されています。また、日本軍による数々の殲滅作戦や聴くに耐えない虐殺事件が引き起こされ、大量虐殺による万人坑も残されています。

 

 昨年(2016年)は、その長江流域に現存する万人坑を主に、重慶から南京までの広範囲にわたり惨劇の現場を私たちは訪ね歩きました。そして、1万人規模の民間人犠牲者を出した無差別大量殺戮である重慶爆撃、太平洋戦争期最大の虐殺事件でありながらほとんど知られていない廠窖大虐殺、淮南炭鉱での強制労働や虐待の事実、最後に南京大虐殺の実相を学ぶ重い旅になりました。その中で、重慶・常徳・廠窖・南京で9名の幸存者(惨劇の渦中に巻き込まれながら幸運にも生き残ることができた人)に面会し、戦争体験者が少なくなる中で貴重な証言をお聴きする事ができました。今回の報告の中で幸存者の証言の一部を上映し、証言記録の一部も配布させて頂く予定です。

 

 私たちの報告と幸存者(証言者)からの訴えを聞いて、日本の中国侵略の実態について理解を一層深めていただけることを願っています。是非、ご参加下さい。

万人坑を知る旅⑦から無事帰着2016/10/27

平和学習の旅 中国 2016
万人坑を知る旅⑦ ~長江流域の万人坑~

昨日、10月26日(水)上海空港からの帰国便の出発が2時間30分遅れ、関西空港に20時過ぎに無事帰着しました。体調を崩す方も事故もなく、無事に万人坑を知る旅⑦を完遂できた事に深く感謝しております。参加の皆さん、お疲れ様でした <(_ _)>

 

 
 

 重慶から上海へー2150キロにわたる9日間の旅。
想像以上に湿気で暑く、お天気も秋晴れの日はありませんでしたが見学の時に雨が止んでいたのは助かりました。企画は一昨年から始めていましたが、昨年は催行できなかったので見学も欲張って万人坑を知る旅にしては駆け足でじっくりと見学して頂けず申し訳なかった分、ダイジェスト的に多数見学して頂きました。

それでも今回は初日から連続して3日間、重慶、常徳、廠窖で、終わりの南京でも幸存者の証言を聴くことができ貴重な経験ができました。現地参加の孫老師を含め5人の新しい顔ぶれも嬉しかったです。皆さんから様々なサポートも頂き感謝でした。

 

                   

                    重慶市の夜景☆☆☆ 李老師とお母ちゃんと☆

 
 
 旅の後は恒例の報告学習会を、また来春頃に大阪で開催したいと考えています !(^^)!

お母ちゃん、出発だよ~ ✈2016/10/14





 中国へ ✈ 万人坑を知る旅⑦の出発準備サクサク進行中です。

もちろんお母ちゃんも一緒ですよ。この写真をフレームに入れて一緒に旅をします (^^)/

ふぇみん 2016年 7月15日号2016/07/15



ふぇみん(ふぇみん婦人民主新聞)3127号(2016/7/15)7面で万人坑を知る旅⑦を案内掲載していただきました。http://www.jca.apc.org/femin/digest/20160715.html

週刊金曜日「こんなこと、やってます」2016/07/01

本日発売の週刊金曜日:「こんなこと、やってます」コーナーに今年の万人坑を知る旅⑦ ~長江流域の万人坑~ の案内が掲載されました。
 
   長江流域の万人坑を知る平和学習の旅
 

 かつて日本軍が中国を侵略した際、鉱山や大規模な工事現場で苛酷な労働を強要した結果、 栄養失調やケガ、病気などで死亡した多数の中国人労働者を捨てる場にした万人坑――。大量虐殺による万人坑として平頂山事件が知られていますが、他の万人坑もあり、被害が大きすぎて、現在も正確な犠牲者数は不明です。そして長江流域には、そうした万人坑のみならず、日本軍による数々の残虐行為の跡が残されています。

 

 2009年から中国東北三省や華北地方、最南部の海南島に残る万人坑を参観し、「平和学習の旅」を重ねてきました。 そして今年は、長江流域に残る万人坑跡を主に参観する予定です。重慶から南京までの地域を、新幹線も利用しながら巡ります。特に1万人規模の民間人犠牲者を出した無差別爆撃が加えられた重慶、ほとんど知られていない太平洋戦争期最大の廠窖大虐殺、淮南炭鉱での強制労働・虐待、そして南京大虐殺についての「学びの旅」となります。

 

中国各地に今も残る侵略の爪痕をより深く学習し、伝え、現在と未来に活かしていきたいと願っています。ぜひ、ご参加下さい。

 

●期間:2016年10月18日~26日。

    関空発着でCZ(中国南方航空)便利用
●料金:2名1室利用で、34万9000円(予定)から。

●お問い合わせ・お申し込み:

    Mail・happy.screaming.project@gmail.com

    FAX・06・6324・2439 野津まで。


●申し込み締切日:9月10日。



                                                           7 1(1094)

万人坑を知る旅⑦ ~長江流域の万人坑~ チラシ2016/06/26

平和学習の旅 中国 2016
 
万人坑を知る旅 ⑦ ~長江流域の万人坑~


    チラシができました。お申込みお待ちしております。<(_ _)>

 

今回、李老師のご友人で日本の侵略の跡をご自身の足で調査、記録され貴重な資料を発行された中国人研究者も現地参加される事になりました!今回のルートも廠窖以外はほとんど調査された事があり各地でのサポートや教えて頂く事も多いと期待しています。是非、この機会にご参加下さいませ。

 



平和学習の旅 中国 2016 万人坑を知る旅 ⑦ ~長江流域の万人坑~ のご案内2016/05/23

 お申込みありがとうございました。ツアーは予定通り催行いたします。(2016.9.11)
 ------------------------------------------------------------------------------------------
今回、李老師のご友人で日本の侵略の跡をご自身の足で調査、記録され貴重な資料を発行された中国人研究者も現地参加される事になりました!今回のルートも廠窖以外はほとんど調査された事があり各地でのサポートや教えて頂く事も多いと期待しています。
是非、この機会にご参加下さいませ。お申込みお待ちしております。

       

                   *廠窖惨案紀念館(湖南省廠窖鎮)

 

 

 平和学習の旅 中国 2016

 

  万人坑を知る旅 ⑦ ~長江流域の万人坑~


2009年から中国東北部三省、華北地方、最南部の海南島に残る万人坑を参観し慰霊と学びを重ねてきました。 今年は、長江流域に残る万人坑跡を主に参観する予定です。重慶から南京までの広範囲を新幹線も利用しながら巡ります。

 

 万人坑とは、鉱山や大規模な工事現場で、中国人労働者に苛酷な労働を強要した結果、 栄養失調やケガ、病気などで使いものにならなくなると、時には生きながらも捨てた 「ヒト捨て場」。そうした死亡者が大規模に埋葬された場所。平頂山事件のような 大量虐殺による万人坑や軍事要塞周辺や労工狩りの収容所周辺で発見された万人坑もあるそうです。

 

 これまで、日本が中国を侵略したかつての戦争中、中国国内で中国人を強制連行され、 劣悪な環境で労働を強いられた結果、亡くなられた甚大な数の犠牲者の遺骨が横たわ る万人坑の現場を参観しました。そして、その裏側に中国国内での「強制連行」と「強制労働」の実態がはりついていたという事実を知りました。日本への中国人強制連行 は「花岡事件」をはじめ、ある程度知られていますが、この中国国内での甚大な被害 や地獄以下の煉獄へ送られた中国人の実態はほとんど知られていません。その被害は 大きすぎて現在も正確な被害者数は不明だそうです。

 

 中国大陸を横断し、幾千年の永い歴史を通して中華民族に限りない豊かさを与えてきた長江。その流域でもこれまで参観してきた各地と同様に鉱山での強制労働や虐待による万人坑が残されています。また、大量虐殺による万人坑も形成されました。1943年以降、太平洋の戦局が絶望的な段階に入ると、長江流域の要衝各地で優勢な兵力の抗日軍と戦闘が行われ、住民を強制連行して酷使した事実が、周辺地域では数々の殲滅作戦や聴くに耐えない虐殺事件が報告されています。

 

今回は1万人規模の民間人犠牲者を出した無差別大量殺戮、重慶爆撃や大虐殺事件でありながらほとんど知られていない、太平洋戦争期最大の廠窖大虐殺、淮南炭鉱での強制労働や虐待の事実、最後に南京大虐殺の実相を学ぶ非常に重い内容になりました。

 悍ましい細菌戦があった常徳、大虐殺があった廠窖や南京では被害者や当時を知る方々から証言をお聴きする予定です。

 

 中国各地に今も遺る侵略の事実をより深く学習し、伝え、今と未来に活かしていきたいと願っています。是非、ご参加下さい。

 

 

【 主 な 参 観 予 定 地 】

重慶市:重慶爆撃遺跡(重慶大爆撃惨案遺址・重慶抗戦遺址博物館等)

湖南省 常徳市:抗日戦争記念塔

湖南省 益陽市廠窖鎮:廠窖虐殺の万人坑(廠窖惨案紀念館)

湖北省 武漢市:武漢旧日本軍遺跡(受降堂・中山艦博物館)

安徽省 淮南市:淮南炭鉱の万人坑(大通万人坑教育館)

江蘇省 南京市:南京大虐殺の万人坑(侵華日軍南京大虐殺遭難同胞記念館)

 

・常徳:承徳市博物館は10月時も改装中のため、同館の湖南常徳細菌戦の  

 展示も見学できません。

 

=============================

 

    

 平和学習の旅 中国 2016

 

  万人坑を知る旅 ⑦ ~長江流域の万人坑~

 

■期間 : 2016年 10月18日(火)~26日(水)9日間
 

  関空発着でCZ(中国南方航空)便利用 8泊9日の旅

 

■料金 : 2名1室利用:関西空港 発着

 

      *6名 ~ 8名参加の場合:383,000円

 

             一人部屋追加代金:36,000円

 

    *9名 ~ 13名参加の場合:349,000円

 

             一人部屋追加代金:33,500円

 

■募集人員 : 13名様限定(最少催行人数:6名)

 

■申し込み締切日 : 9月10日(土) 

 

■同行解説: 李秉剛さん (中共遼寧省委党校 元教授、

         『万人坑を知る―日本が中国を侵略した史跡』著者)

1948年生まれ。1975年遼寧大学歴史学部卒。 1980年『東北抗日連軍闘争史』の編集に参加。以来、東北地方史の研究に没頭。中国社会科学院中日歴史研究センターで「日本の中国東北地方労働者酷使の調査」の課題を主宰。

主著:「日本による中国侵略期間中の遼寧省の万人坑調査」 「遼寧人民抗日闘争史」 編者:『私は地獄へ行ってきた― 中国東北部、旧日本軍占領地区の生存労工の記憶』(2009/9) がある。

・初参加の方には李老師提供の著作2冊を万人坑を知るテキストとして進呈いたします。

 

今回も同行案内下さる李老師から解説についてはボランティアでさせて下さいと有難いお申し出があり、当初よりツアー代金を下げる事ができました。

感謝申し上げます。

 

■企画 ・コーディネート:NOTSU KAYOKO

             unique tours of peace& people

              HAPPY-SCREAMING PROJECT

               * ツアーに同行いたします。

 

 ■旅行企画・実施:株式会社 みずほトラベルサービス

651-1143 神戸市北区若葉台 4-1-10 北鈴蘭台駅前ビル 1F

電話:0785972800 ファックス:0663242439 

 

■お問い合わせ・お申し込み :

HAPPY-SCREAMING PROJECT 野津 あてお願いいたします。

happy.screaming.projectgmail.com *印は@に打ちかえて下さい。

 

 【 旅 程 】 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

■10月18日(火)

✈中国南方航空 CZ394便にて 09:00関空発 

12:10広州白雲国際空港着  CZ3425便にて 

13:55広州白雲国際空港発 16:10重慶江北国際空港着

到着後、専用車にてホテルへ

☆重慶 泊 夕食付き 

 

■10月19日(水)

専用車にて重慶爆撃遺跡(重慶大爆撃惨案遺址・重慶抗戦遺址博物館など)を見学。

☆重慶 泊 朝食・昼食・夕食付き

 

■10月20日(木)

新幹線にて重慶 → 荊州へ移動。荊州着後、専用車にて常徳へ移動。

抗日戦争記念塔を参観。細菌戦被害者と小座談。

☆常徳 泊 朝食・昼食・夕食付き

 

■10月21日(金)

専用車にて常徳 → 廠窖へ移動。

廠窖虐殺の万人坑(廠窖惨案紀念館)を見学。幸存者の証言を拝聴。

廠窖惨案紀念館は民間の有志により建設されています。(20159月リニューアル)

専用車にて廠窖 → 荊州へ移動。

 ☆荊州 泊 朝食・昼食・夕食付き

 

■10月22日(土)

専用車にて荊州 → 武漢へ移動。(約3時間)

武漢旧日本軍遺跡(受降堂・中山艦博物館)を見学。       

☆武漢 泊 朝食・昼食・夕食付き  

 

■10月23日(日)

新幹線にて武漢 → 淮南へ移動

淮南炭鉱の万人坑(大通万人坑教育館)を見学。

☆淮南 泊 朝食・昼食・夕食付き  

 

■10月24日(月)

新幹線にて淮南 → 南京へ移動 

南京大虐殺の万人坑跡をフィールドワーク。

☆南京 泊 朝食・昼食・夕食付き  

 

 ■10月25日(火)

南京大虐殺の万人坑跡をフィールドワーク。

侵華日軍南京大虐殺遭難同胞記念館を見学。幸存者の証言を拝聴。

李老師と感謝の夕食会。  

☆南京 泊 朝食・昼食・夕食付き  

 

■10月26日(水)

新幹線にて南京 → 上海へ移動。

✈CZ8389便にて 14:15上海浦東国際空港発 

17:00関空着予定。

 

  -----------------------------------------------------------------

         * 現地事情により旅程が変更になる場合があります。

                  その際は悪しからずご了承くださいませ。

-------------------------------------------------------------------

 

 ◎旅行費用に含まれるもの

■ 航空券 中国南方航空利用

■ 専用車 現地旅行中の専用車利用区間の全移動費用

         (中型バス・1人:正シート2席利用)

■ 新幹線代 現地旅行中の新幹線利用区間の全移動費用

■ 参観・見学 旅程表に明記した訪問先の入館料・見学料

■ ホテル 3ッ星クラス利用 南京のみ4ッ星クラス利用

■ 食事 スタンダード(朝食8回 昼食8回 夕食8回 ※機内食を除く  

          *飲物代は含まれておりません 。 ※夕食のみ1回デラックス)

■ 李講師の同行費用

■ 全線同行通訳ガイド費用

■ 重慶・荊州・常徳・武漢 各地の現地ガイド費用

■ 見学先関係者との交流費・会場費・献花代・手土産代・謝礼など

■ コーディネーター同行添乗費用

 

   

 ○旅行費用に含まれないもの

■ 関西空港施設使用料(3,040円)

■ 燃油サーチャージ・航空保険料・現地空港税(20165月:3,300円)

   *大幅に変更される可能性がありますので、予めご了承願います。

■ 食事の際の飲物代

■ 個人的用途費用 (クリーニング・タクシー代など)

■ 国内交通費および国内宿泊費

■ 旅行中の20kgを超過手荷物料金 ■帰国時の関税等

■ 海外旅行傷害保険 *任意ですが加入をおすすめいたします

 

*ツアー料金は1元:17円(5月レート)で現地費用を算出しています。

9月時にレートが3円以上変動する場合はツアー料金も変更する場合があります。予めご了承下さいませ。

-------------------------------------------------------------------

☆旅行取消料

お客様のご都合により旅行を取りやめにされる場合は、参加料金に対して

下記の取り消し料がかかりますのでご了承願います。

 

・9月17日まで:無料

・9月18日~9月27日:10%

・9月28日~10月15日:20%

・10月16日~10月17日:50%  

・旅行開始当日:100%

・無連絡不参加及び旅行開始後:100%

-------------------------------------------------------------------

 

 
           *2000年に廠窖鎮新春村「千人坑」で発掘された遇難者の遺骨の一部
                                                             (湖南省廠窖鎮)提供:廠窖鎮

2016 Korea Gathering in Busan ✞ お疲れ様でした~2016/01/29




 
                                           しっかり留守番さしてもらいましたにゃ~ (=`・`=)