新刊書『万人坑に向き合う日本人』2020/11/17



私が主催する「万人坑を知る旅」皆勤賞!の青木茂さんの新刊『万人坑に向き合う日本人』が出ました!
万人坑ツアーが終わると、青木さんと旅の報告学習会を大阪で開催、青木さんはさらに単行本に正確にまとめて下さりいつも感謝していました。出す本がなくなり?次に青木さんが考案されたのがこの新刊です。
万人坑に関わっている三名の日本人を紹介することで、中国本土(大陸)における中国人強制連行・強制労働と万人坑について多くの日本人に認識してもらうのが趣旨との事でした。
そのうちの一人になってもらいたいと要望されたのは昨年の夏。有名人でもない私を紹介して、、そういう本が売れるのかな?と素朴に感じましたが、とにかく万人坑を知ってもらいたい!という青木さんの本気に応えるべきと思いました。私も同じ思いで万人坑を知る旅を続けてきたので。。。
引き受けたもう一つの理由は、私が万人坑や受け継ぐ活動をしているのは、信仰でやっている事を伝える事ができる、信仰の証ができる、またとない機会!になると思ったからです。これまでの歩みをゆっくり振り返る機会にもなりました。
私が小学生から憧れていたシュルツさんとの2ショットやシアトル時代、キリスト教会に導いてくれた主にある兄姉、また、武漢で戦病死した祖父の事も紹介でき、父母も天国で喜んでいると感じます。
是非、多くの方に読んで頂けたら幸いです。<(_ _)>


新刊書『万人坑に向き合う日本人-中国本土における強制連行・強制労働と万人坑』(青木茂著、花伝社刊)
以下は、表紙カバーの帯に記されている内容紹介です。
日本の侵略・加害が生み出した負の遺産、万人坑。
中国全土に現存する万人坑に向き合う三人の日本人に迫る。
 日中戦争時に日本の民間企業により強制労働させられた中国人は四〇〇〇万人、そのうち一〇〇〇万人が死亡したと推定される。犠牲者が捨てられた「人捨て場」は万人坑と呼ばれ、二一世紀の今も中国各地に数え切れないほど現存している。現地に通い続け、さまざまな関りを持ち続ける三人の日本人の半生を通して、万人坑が告発する日本の侵略責任を考える。
本書は、全国のどの書店でも定価(本体1700円+税)で購入できます。